おひなさま

栄養士のN先生のお友達から頂いた雛人形7段飾りを給食室の前に飾りました。久々に飾ったので、どの雛人形さんが何の道具を持っているのか思い出せずに、説明書を片手にやっと飾ることができました。

 年代物のお雛様なので、味わい深く、存在感があります。お顔は優しくて穏やかでりんごの花保育園にぴったりです。

 給食室の前に飾ったと書いたものの、園内に飾る場所がなくて、トイレの前でもあります。「お雛様方、ごめんなさい」と思う気持ちで飾りました。でも、やっぱりステキなお雛様です。

 「あ、すごい」「うわ~っつ」と言いながら、早速子ども達がお雛様のところに集まって来ました。「さわらないでね」と書いているのですが、触ってしまうのが子ども達です。ふと見ると、興味津津で見ているのは、ほとんど男の子達でした。おうちにないからでしょうか。

 りんご組の部屋のままごとコーナーには、子ども用のきれいなロングドレスが5着ほどハンガーにかかっています。ごっこ遊びが拡がるといいなと思って準備したのですが、予想に反し、男の子が着ていることが多いのです。おかしいと言う子もいなくて、代わる代わる着て楽しんでいます。男の子だから・・・、女の子だから・・・と言わなくなった今の時代はいいなと思います。誰かの価値観を押し付けられることなく、自分が好きなものを好きだと言える時代になったんですね。

 3月1日は、お雛様の前で、甘酒やひなあられを食べてひな祭りを楽しむ予定です。少々混み合いそうですが、それがまたりんごの花保育園らしくていいような気もします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square