お昼寝

3歳児のお昼寝に苦戦しているので、いろいろ調べたり、考えたりしているのですが、3歳児は一日のトータルで11時間から13時間くらい睡眠が必要だそうです。個人差はありますが、必要な睡眠を取らないと、イライラしたり、免疫力が落ちて病気になったり、活動に集中できません。


大人は、「昨日寝るのが遅かったから、気分がすぐれない」など自分の身体の状況を分析できますが、子どもはできないので、わからないままにイライラしてしまい、その結果、友達とけんかをしたり、遊びを十分に楽しむことができなくなってしまうこともあります。


 りんご1組(3歳児)のお昼寝は、苦戦している(子ども達が寝てくれない、歩き回ってしまう、大きな声でしゃべったり、歌ったりする)ので、13人の子ども達を3人の先生で寝かしつけている状況です。すごく勿体ないと思いますが、今はお昼寝ができるよう注力しているところです。


 りんごの花保育園では、午前中たくさん体や頭を動かして活動し、給食をいっぱい食べて、気持ち良く自分でお昼寝をしてほしいと思っているので、先生たちには、体をトントンしたりせずに、そばで見守ってほしいと伝えています。子どもが自分のタイミングで眠ってくれるといいなと思っています。でも・・・・。今年度はうまくいっていません。


 3歳児にお昼寝は必要ないのかも?と思ったのですが、保護者の方が仕事をされているので、一日の睡眠時間は十分ではないようです。夕方機嫌が悪くなったり、おうちに帰ってお風呂に入ったりごはんを食べる前に寝てしまうという話も聞いています。


 もうすぐ水遊びやプール遊びが始まります。さらに消費エネルギーが増えて疲れるので、自分で寝てくれるようになるかもしれません。そう願っています。自分で寝てくれないかな~。なかなか寝てくれない子ども達を見ながら、代わりに寝てあげたいと思うのは私だけではないでしょうね。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索