初めての生活発表会

初めての生活発表会が終わりました。運動会後の感想を一言で表すと、「楽しかった~!」でしたが、生活発表会は、「嬉しかった~!」という一言です。嬉しかったのは、3つの大きな力を発見・再確認できたからです。

 一つは、子ども達の成長です。0歳児・1歳児は、すぐ目の前におうちの方がいらっしゃるのに、ステージを降りようとせず、返事をしたり、歌を歌ったり、お友達と一緒に体を動かしていました。入園当初からは考えられないような成長です。

 2歳児は、劇で自分の役をしっかり、その子らしい姿で表現できました。豊かな表現力に、会場も盛り上がりました。

 3歳児は、お友達と一緒に自由に音楽に合わせて表現していました。恥ずかしそうに、でも堂々とセリフを言うことができました。

 4歳児は、友達に教えたり、話し合いながら劇が進行していきました。ステージの上で考えながら積み木を積み上げていく姿を見て、4月からどんな日々を過ごしてきたかわかってもらえたのではないかと思います。

 嬉しかった2つ目は、保護者の方の笑顔です。温かい拍手と時々起る歓声や笑い声に、自分のお子さんだけでなく、りんごの花保育園全員の子ども達の成長を一緒に喜んで下さっていることが伝わって来て、本当に嬉しかったです。

 3つ目は、先生達と育てたい子どもの姿が同じ方向だと確認できたこと。昨日のブログに書いたように、今日の子ども達の姿から日頃の保育や先生達の子ども達への願いが伝わりました。『させる・やらされる』ではなく、子どもたち自身のやりたいと思う気持ちを育み、一人ひとりに寄り添いながら、表現する喜びや友達と一緒にする楽しさを丁寧に積み重ねてきてくれたことがよくわかりました。

 この3つの大きな力をさらに広く深く、そして温かな力にしたいと強く思いました。力をくれた子ども達、保護者の皆様、先生達、ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square