September 24, 2020

September 23, 2020

September 22, 2020

September 21, 2020

September 20, 2020

September 19, 2020

September 18, 2020

September 17, 2020

September 16, 2020

September 15, 2020

Please reload

最新記事

 7月の職員勉強会でした。はな組とつぼみ組の先生が、『自分が好きで、友達が大好きな子』をテーマに実践記録を発表してくれました。

 どちらも、子ども達を温かく見守っている先生達の思いが伝わってくる実践記録でした。子どもが自分を好きと思えるように、子どもとの信頼関係をしっかり作りたいと結んでくれました。

...

こども観・保育観

July 19, 2018

1/2
Please reload

特集記事

頼もしい

May 26, 2019

 最近、5歳児・・・特に女の子の成長が著しくて驚かされます。自分のことだけではなく、周りをよく見ていて、困っている子がいたらすぐに手伝ってあげたり、優しく声を掛けたりしてくれます。女の子は、男の子より1年くらい早く心が育つと言うのは本当だと実感します。

 

 「園長先生、〇〇くん(1歳児)をお部屋に連れて行ってあげたいから、鍵を開けて下さい。」(りんごの花保育園は、交通量が激しい道路が目前にあるので、悲しいことに保育室の鍵をいつも閉めているのです。)と言って、手を繋いでお部屋に連れて行ってくれます。

 

 「園長先生、さっきは鍵を開けてくれてありがとう」とお礼まで言いに来てくれるので、私の方が恐縮してしまいます。

 

 

 土曜日、1階で給食を食べようと予定していたのですが、人数が多かったので2階で食べることになりました。1階に置いていたりんご組(3・4・5歳児)の子ども達のタオルや、お箸や歯ブラシが入った巾着袋をたくさん抱えて持って来て、5歳児のKちゃんとRちゃんが名札を見ながらそれぞれの場所に掛けてくれました。

 

 私達がやらなくちゃね・・・そんな様子で楽しそうに、テキパキと動いている姿を見て、頼もしいと思いました。

 

 その後、「あなたたち、毎日楽しそうで生き生きしていていいわね。」とKちゃんとRちゃんに声を掛けているS先生の声が聞こえてきました。

 

 この生き生きした姿は、子ども達が主体的に行動するからこそ表れるのでしょう。

 

 少しずつ、子ども達が判断したり、できることが増えていくといいなと思います。

 

 

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

ソーシャルメディア
Please reload

タグから検索
Please reload

アーカイブ
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square