パワー

12月の土曜日。朝から元気いっぱい園庭を走り回る子ども達を見ながら、『子どもは風の子』を実感。ほとんどの子が長袖のTシャツに園指定のグレーのトレーナーだけ。ジャンパーも着ていません。裸足の子もいます。それに比べ私は・・・。寒さが堪えます。子どもはどうして寒くないのでしょう?次々に作られる細胞にパワーが漲っているかのようです。羨ましい限りです。

 午前中思いきり身体を動かした子ども達は、「まだ遊びたい」と言いながら給食を食べるために渋々お片付けをしました。たくさん体を動かしてお腹をすかせた子ども達は、おかわりをたくさんして、さらにパワーアップ。

 事務室で仕事をしていると、4歳児のRちゃんが、きれいに整ったひらがなの字を見せに来てくれました。パソコンが普及し、字を書くことがあまり必要でないような気がしていますが、そんなことはないですね。生活する中でやっぱり字を書く機会があり、字が上手なのは一生の財産になります。私も小さい頃習字教室などに通っていたのですが、あまり効果はありませんでした。字はバランスが大事なので、それぞれが持っている感覚が影響しますね。Rちゃんはきっと字が上手になるのでしょう。

 少し天気が悪かったのですが、午後からりんご2・3組(4・5歳児)で、散歩に行くことにしました。目的地は、この前子ども達が『めっちゃ楽しい公園』と教えてくれた小田部中央公園です。車どおりが多い中、30分近くかけて公園に行きました。たくさんの遊具があって、子ども達が『めっちゃ楽しい公園』と言うのがよくわかりました。男の子は起伏がある遊具の周囲を40分ほどぐるぐる走り回って遊んでいました。

 さすがに帰り道の足取りは少し重かったのですが、おやつを食べると、「外で遊びたい!」と、また園庭で1時間半走り回っていました。本当に子ども達のパワーには驚かされます。子ども時代に戻りたいです。

 子ども達のパワーを目の当たりにして、来年4月の就学・進級に向かってカウントダウンが始まっていることを感じました。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square