クリスマスのサプライズ

 昨日、りんご組(3・4・5歳児)の子ども達が近くのグループホームさんの前を散歩で通りかかると、なんとサンタクロースがいて、みんなにプレゼントをくれました。


 実は、いつも子ども達が遊びにそのグループホームさんのところに行って、おばあちゃん達に歌や踊り、手作りのプレゼントをしているので、グループホームの方が、サプライズを準備してくれたのです。


 残念ながら、私は授業で行けなかったので、子ども達から感想を聞きました。


 「涙が一つポロって出た。」「なんで?」「だって怖かったから。」3歳児のSちゃんはあまりに突然のことだったので、怖くて泣いてしまったようです。


 でも、泣いたのはSちゃんだけで、みんな大喜びだったそうです。


 サンタクロースにプレゼントをもらった後、神社に遊びに行き、帰りにグループホームさんの前を通りかかると、施設の職員の方が手を振って声をかけてくれたそうですが、その声を聞いた5歳児が、「あれ、さっきのサンタクロースと同じ声だ。」と言っていたそうです。


 さすが5歳児、観察力がするどいですね。23日のりんごの花保育園のクリスマス会は気合いを入れなくては。

特集記事
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア